これで安心!中小消費者金融と闇金の見分け方

 

 

中小消費者金融の中に闇金は潜んでいます・・・

 

ここでは闇金の恐ろしさと、正規の中小消費者金融との見分け方を紹介します!


 

日本には中小の消費者金融は、250社以上存在するということをご存知ですか?

 

もちろんその250社の中のどの業者を選んでも、安全に借入れをして頂くことが可能です。

 

しかし、そういった正規の業者に混ざって闇金業者が紹介されていることなどがあり、本当に安全な中小の消費者金融を見極めるのが難しいのが現状。

 

そのため「中小消費者金融って闇金じゃない?本当に安全に利用できるの?」という不安や疑いを抱えている人が非常に多いのです。

 

そこで大手消費者金融に何度も審査落ちし、正規の中小消費者金融を徹底調査した私が、中小消費者金融の安全性や、闇金ではない安全な業者の見分け方を解説!

 

ここでの内容を見て頂けば、闇金でない正規の中小消費者金融から安全にお金を借りて頂くことが可能です。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

安全です!中小消費者金融=闇金ではない

 

まずは、中小の消費者金融の安全性について知って頂ければと思います。

 

そんな長々した説明はいいから、見分け方だけ教えてという方は、下記の見出しの部分へどうぞ。
⇒これでバッチリ!正規の業者との見分け方

 

そもそも、お金を貸す貸金業を営んでいく場合は、業務を行う営業所の所在地を管轄する「財務局長又は都道府県知事」からの認可を受けなくてはなりません。

 

そして、申請をして認められれば、正規の貸金業者となります。

 

「名前を聞いたことがなく、本当に正規の業者なのか心配」
そう考えていらっしゃるあなたは、業者のサイトをチェック!

 

「貸金業番号四国財務局長(6)○○号」などが書いてあれば、基本的には認可されているため安全といえます。

 

また、2003年の出資法改正以降、違反業者に対する罰則が強化。
この罰則により、現在は正規の金融業者で違法な貸付けをおこなう業者はなくなりました。

 

「正規の業者でも中小の消費者金融はなんだか怖いなあ」という人も安心できるのではないでしょうか?

 

まとめとして、貸金業者として認可されていれば中小の消費者金融は安全に利用をする事が可能です。

 

中小の消費者金融の安全性はわかっても、具体的に闇金とどこが違うの?という方もいらっしゃると思います。

 

そこで次では、闇金と中小の消費者金融の違い、そしてその恐ろしさについて触れていきます。

 

 

中小の消費者金融に紛れる闇金。その恐ろしさとは

ここまで中小の消費者金融の安全性について説明してきました。
ここからは闇金と中小消費者金融の違いについて説明していきます。

 

主な違いとしては下記の2点。

 

■金利が違う
⇒中小の消費者金融は、貸付けの際の金利が法律で定められています。

 

具体的な金利は以下の通り。

 

・借り入れが10万円未満⇒年率20%
・借り入れが10万円から100万円未満⇒年率18%
・借り入れが100万円を超える場合⇒年率15%

 

こちらの利率以上の金利を設定することはできません。
しかし闇金の場合は、この金利を無視して貸付けを行っています。

 

年率300%以上の金利で貸付けを行うケース、通称トイチなどを要求されるケースも!
このように法外な金利を設定しているところがほとんどです。

 

■返済についての連絡手段が違う
⇒中小の消費者金融は、返済や取り立てなどのやりとりに関して、以下のようなルールに則って営業をしています。

 

・基本的に21:00~8:00までの間に電話・FAX・訪問をしてはいけない
・お金を借りた人が、連絡をする時間帯を申し出た場合、それ以外の時間帯に連絡をしてはいけない

 

闇金の場合は、このルールを守らずに適用しています。

 

よくイメージされるような、取り立ての際に怒鳴られる、扉を蹴られるなどはまさにこのルールに適していないからできることなのです。

 

正規の業者と闇金で大きく異なるのはこの2点です。とても法外な活動をしている業者だということが分かって頂けたでしょうか?

 

次はもし闇金を利用したらどうなるのか、ということについて説明していきます。

 

 

もし闇金を利用してしまったらどうなる?

利用してしまった場合、下記のようなことが起こる可能性があります。

 

■取り立ての激化(身体的な暴力など)
■夜中に取り立てがくる
■返済の催促の電話がひっきりなしにかかってくる
■会社にも取り立てがくる
■とても高い返済金利を要求される

 

漫画やドラマでよくあるような悲惨な状況が、現実のものになってしまいます。

 

また、闇金はもともと法律から外れている業者ですので、一度でも借入れを行ってしまうと逃れるのが非常に大変になることもあり、人生が狂ってしまう可能性が非常に高いです。

 

絶対に利用しないことを強くおすすめします。

 

しかし「怖さは分かったし利用する気もないけど、正規の中小消費者金融だと思って利用したら闇金業者だった・・・」

 

そんな最悪のケースを想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ご安心下さい。
下記にて、闇金と中小の消費者金融の見分け方を徹底解説していきます!

 

 

これでバッチリ!正規の業者との見分け方

それではここから、正規の中小の消費者金融と、闇金業者の具体的な見分け方を説明していきます。

 

見分け方には主に下記の3つがあります。

 

■財務局長又は都道府県知事からの認可番号があるか?
⇒初めに説明したように、正規の貸金業者は必ず認可を受けています。公式サイト等で、こちらの番号があるかどうかを確認してみましょう。

 

■審査があるかどうか?
⇒貸金業者はお金を貸し出す際、審査を行うことを法律で義務付けられています。
つまり、審査がないということを宣伝している業者はその時点で法律違反ですので、100%闇金業者です。

 

 

■連絡先が携帯番号になっていないか?
⇒正規の中小消費者金融の場合、連絡先の電話番号は固定となっている場所がほとんど。連絡先に090から始まる電話番号が記載されている場合は、闇金業者である可能性がかなり高いです。

 

この3つのどれかに当てはまる場合、闇金の可能性が高いため、利用を控えることをおすすめします。

 

「3つとも当てはまらなかったけど、やっぱりまだ怖い。」
そんな方は、登録貸金業者情報検索入力ページというサイトを利用してみましょう。

 

こちらのサイトで対象業者の住所や代表者名などを入れて検索すると、本当にその業者が認可を受けているのかを調べることができます。

 

こちらで登録となっていれば、正規の業者ですので、安心して借入れをご利用頂くことが可能です。

 

見分けるのに時間はかかりませんので、少しでも「この消費者金融はおかしい」と感じたら、利用の前に一度調べることをおすすめします!

 

 

まとめ:違法業者を見抜いて安全な借入れを

ここまで中小の消費者金融と闇金についてご説明してきましたが、いかがでしたか?

 

最後にポイントをおさらいしておきましょう!

 

■中小の消費者金融で認可を受けているものは安心して利用できる
■闇金との違いは法外な金利と取り立て方法
■一度闇金を利用してしまうと、取り立てや返済金で大変なことに
■「認可番号」「審査の有無」「連絡先の番号」で中小の消費者金融と闇金を見分ける
■登録貸金業者情報検索入力ページを利用することで、正規の業者かどうかをさらにしっかりと見極めることができる

 

大手の消費者金融で審査落ちした時などに、借入れする手段として中小の消費者金融は有効に利用できます。

 

しかし、正規の業者にまぎれて闇金業者がいることもまた事実。

 

ここでの内容を通して、正しい中小の消費者金融から借入れされることを願っています。

 

 

 

以上、中小消費者金融と闇金の見分け方をご紹介しました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


 

▲目次へ戻る